日光街道・千住から上野へ

日光御門跡が上野の寛永寺の御所を出られて日光の東照宮へ
移られる時通る道がこの道です。
千住をすぎれば普通の日光街道を通ります。

日光御門跡は寛永寺と日光の輪王寺の門跡を兼ね
併せて大津の滋賀院門跡も兼ねその在職中に何度かは天台座主の
職にも就くという当時の日本仏教会の最高権力者でした。
徳川幕府の鎮護と東照宮の祭祀の主宰という徳川家にとって
大変大事な地位でもありました。
そこでこの地位は天皇の近親である法親王殿下が任じられ上野の宮とも言われました。
従ってその通り道は大名行列が通る本街道と並んで
道中奉行所の管理する道でありました。
御門跡は上野の御所を出られると千住に泊まり宴を催して日光へ向かって出発されます。
宿所は勝専寺・慈眼寺が多く誓願寺などにも宿泊されたようです。

そこでこの道を千住から遡ってみようと言うのが今回の企画です。

最も利用回数の多い勝専寺(赤門寺)を上野へ向かって出発します。
参道を日光街道へ出て南へ向かいます。
本町センター商店街を抜ける手前が貫目改所跡、問屋場跡です。
現在は東京芸術センター前イベント広場になっています。
最近発掘が終わりその礎石の位置に御影石の標石がはめ込まれ
詳しい説明看板も整備され分かりやすい形になっています。
この広場北側の道を入ると慈眼寺です。
ここも宿所に使われたことがあり、また将軍様の鷹狩の際の休憩所でもありました。
この広場の南側の大通りはかつての熊谷堤でその北側に
排水用の水路(江川掘)が走っていました。
この水路にかかっていたのが千住小橋です。
この橋の南詰には東に高札場、西に一里塚がありました。
今は水路も暗渠となり普通の交差点になってしまいましたがよく見てみると
交差点の周り一帯に跡の石碑が5基もあります。
(問屋場貫目改所跡・一里塚跡・高札場跡・南足立郡役所跡・千住町役場跡)

仲町を抜けると墨堤通りに当たります。
その手前西側が浄土宗の源長寺です。ここも宿所に使われた寺院の一つです。
昭和の初期までは地蔵様の縁日が盛んで「おじぞうさま」の名で知られていました。
近年大修築が行われ大きな山門が建てられました。
昔の面影はだいぶ薄れました。
墨堤通りは掃部堤で江戸時代に新しく作られた堤防です。
これより南は堤外地とされ地名も河原町となります。
河原町は以前の「やっちゃば」で江戸時代以来の市場です。
道筋にはかつての屋号が掲げられ昔を偲ばせてくれます。
今は少なくなってしまいましたが道に面して石畳の広場を持っている建物があります。
その部分がかつて「せり」をした所です。
街の中央にあるプチテラスには4丁目の横山家の蔵が移築され
入り口には芭蕉の句碑が立てられています。
京成のガードをくぐると橋戸町になります。
この付近が江戸時代は河原縄手という堤道になっていたところで
明治には新開橋という橋に架け替えられた難所でした。
その道の両側に広がっていた沼も埋め立てられ橋もなくなり、
今日ではそのよすがもありません。

市場の正門を見ながら国道を右に渡ります。
ここから旧道と国道は暫くの間一致します。
千住大橋の南詰に大橋公園があります。
ここに芭蕉の矢立初めの碑があります。ここからは日中は船着場まで下りることも出来ます。
芭蕉はこの船着場で上がって当時火除け地だったこの地で発句したのでしょうか?
南側に上がったとの説もありますが船は右側通行だったので上流へ向かう場合は
こちらの方が説得力があります。
さて公園の奥には橋戸稲荷神社があります。
伊豆の長八の鏝絵の狐があります。この神社も千住の成立時に作られた
千住最古の神社の一つです。

千住大橋を渡ります。
歩いて渡るのは旧橋の方です。
渡るとすぐ右側に誓願寺があります。ここも宿所に使われたことがあります。
続いて
素盞雄神社があります。街道はここで大きく左へ曲り南千住駅の方面へ行きます。
今国道は神社の前を直進していますが正面には大きな池があり昔は直進できませんでした。
上野へ行く道は神社に沿って右へ入る道です。
神社の隣は今荒川区の郷土資料館になっています。ここへ立ち寄るのもいいでしょう。
さてその神社の角からやや広い道が南へ向かってゆきます。
これが旧道です。この道を真っ直ぐ行くとすぐ国道4号線に当たります。
当たる手前右側の古風な建築が旧南千住警察署です。
さてここから暫くは国道と一致します。
ところで南千住の中心を抜けていくこの道は周辺が千住宿に属していたのに対し
入谷分の「通新町」と言う別の町になっており町奉行の管轄になっていました。
国道を南下すると円通寺、真正寺などの寺院があります。
まもなく右側に都電荒川線乗り場へ入る古風なビルが現れます。
かつての王子電鉄本社だった建物で戦後も最近まで王電乗り場の看板がかかっていました。
常磐線のガードは正式には通新町跨線橋と言います。
大関横丁の交差点を渡り三ノ輪へ向かいます。右側の歩道を進むと
自然と旧道に入ります。金太郎飴本店が目印です。
この付近から早くも寛永寺領の町となります。

金杉通りを抜けると言問通りに当たる大きな交差点に出ます。
右へは寛永寺橋の大きな陸橋が見え、左には入谷の朝顔市で有名な鬼子母神もすぐそばです。
さてこの交差点を渡って暫くするとJRに沿って左にゆるく曲って行きます。
街道が出来た頃はもちろん線路はありません。
旧道は直進していました。線路敷きへ入って150mほどのところに
寛永寺の坂下門がありました。これより後は寺院の境内になります。
両側が塔頭(寛永寺の中にある寺院)の町並みを通り
今の両大師橋の位置(今の高崎線のホームの先端付近かな?)から
山上へ上がる坂(屏風坂)がありました。
この坂をあがればもちろん今の両大師・輪王寺の前に出ます。
(今の道は線路に沿って左へ迂回し両大師橋で線路を渡ります。)
そのまま進むと国立博物館の正門があります。
ここが寛永寺の本坊でした。竹の台の大噴水のところにあった根本中堂の裏に当たります。
今の東洋館の北側の庭園が御所だったところに当たります。
もちろん一般人は坂下門まで寛永寺を訪問した人でも本坊の玄関までしか入れなかったでしょう。
つまり今の国立博物館正門のことです。

こうして無事上野に着きました。
上野の山は全部寛永寺の境内でした。
山内には史跡が多いのでゆっくり散策して楽しみましょう。
千住から歩いて2時間弱ちょっとした散歩コースでした。