室町戦国時代の千住

戦国時代の千住といえば千葉氏のことが中心となります。

その前にそれまでの領主関係を見てみましょう。

右側の家紋は上から葛西氏・足立氏・豊島氏・千葉氏の順です。

 

鎌倉時代を通して足立区は足立氏の勢力下にありました。

葛飾区墨田区は葛西氏の勢力下に

また荒川区の西部から北区豊島区は豊島氏の勢力下にありました。

荒川区の東部石浜から渡しをわたって三股、関屋の地は関所を管理した江戸氏の統治下にありました。

 

この情勢は南北朝の始まりとともに滅茶苦茶になります。

足立氏は丹波へ移り、葛西氏は東北へ移り地元にはまともな勢力は残りませんでした。

江戸氏はすでに衰退期に入っておりまもなく江戸城を退去して世田谷の喜多見に移ります。

こうした中この近辺で大勢力に成長したのは豊島氏で足立区内の同族の宮城氏、沼田氏などと協調して

豊島区北区荒川区文京区の全部と足立区の南部を領有する大勢力となりました。

 

さて千葉氏ですがそれまでは千葉市佐倉市付近を根拠地とした幕府直属の豪族(御家人)で

南北朝混乱期には一門の大きな部分を九州に移しこれが九州千葉氏となります。

本家のほうは関東管領の分裂の時に内紛に巻き込まれ

古河に移った足利成氏の部隊に攻撃され根拠地は陥落し当主胤直一族は滅亡します。

これが享徳4年(1455)のことです。

その後幕府の勢力の支持を得た胤直の甥実胤は市川により、また胤直の叔父康胤は幕張によりました。

市川はさらに成氏に攻められ陥落し実胤は江戸城の太田道灌の勢力下に逃れ石浜城に入ります。

これによって康胤の勢力は後に千葉佐倉に返り咲き千葉本家が再興されました。

一方太田道灌に従った実胤と兄自胤はそののち文明9年(1479)の江古田沼袋の戦いで

太田氏の下で豊島氏滅亡に大功があり自胤は豊島氏の根拠地だった赤塚城をもらい石浜城と合わせて

豊島氏支配地域のかなりの部分を領有する事になりました。

そして太田氏滅亡後は小田原北条氏に属し戦国時代の末期までを生き抜きました。

つまり独立した大勢力ではなく足立区を中心に各地に飛び飛びの領地を有する北条氏に属する武将という事です。

 

この実胤から始まる家系を武蔵千葉氏と言いますその歴代は江戸名所図会によれば下記のとおりです

初代 実胤 石浜に拠る。後出家して美濃で没したという。

二代 守胤 不明初代の子とする。系図総覧では盛胤としその子に良胤がある。

三代 惟胤 文献に太田道灌より石浜城を与えられるという。初代と混同しているか混乱がある。

四代 胤利 北条氏康の旗下に属すという

五代 胤宗 天正元年(1573)関宿の戦いに戦死事実上の滅亡。

六代 胤村 五代の娘婿、北条氏繁の三男。成人に達しても城代木内氏は石浜・赤塚の城を返さず

      木内宮内少輔と争い改易となるという。詳しい事情は不明これによって名実ともに滅ぶ。

滅亡の事情は哀れなもので当主が出先の戦で討ち死にし相続人が幼児だったので城は北条家

預かりとなり城代が任命されそれに乗っ取られ元の城を回復できないというものです。

1588佐倉の千葉本家もほとんど同じような状況で滅んでおり千葉領はどちらも北条家

直轄領とされました。

 

この武蔵千葉氏の所領は新座・上丸子・上平井にもあったが中心は豊島郡と足立郡にあった。

豊島郡内は赤塚6か村といい足立郡では上足立3か村(浦和市付近)と下足立(足立区)のかなり

の部分を占めました。

その内訳は淵江領185貫文・沼田村35貫文・伊興村30貫文・保木間村15貫文・

専住村(千住のこと)15貫文・三俣6貫文とあります。

これからみると三俣は多分城内の生産高なのでしょう専住は保木間と並んで生産額が小さく

農業的重要性が無かったと思われます。またこの両村が淵江領に入っていない事も注目できます。

主要な城塞としては赤塚・石浜・三俣のほかに中曽根城がありますこれは今日西新井橋のすぐ北

本木にあったとされています。いま同名の神社がそこにあります。

 

以下にちょっと私見を述べます。

千住の語源説話に千葉氏が住んでいたから千葉住村といいそれがなまって千住となった

と云う説があります。しかし千葉氏の遺跡は足立区内広く分布しますが千住には

主なものとしては曙町の西光院ぐらいのものです。

そしてこの地はこの当時三俣に属しており千住の外でした。

また綾瀬と亀有の間にある上千葉、下千葉の両村のようにきちんと千葉の字をその通り

残している所もあります。ということは千住が千葉氏の拠点だったとは思えません。

また専住村の表記を見れば連想されるのは勝専寺であって千葉氏ではありません。

これから考えるのにこの時代の千住は大して重要でない農村でその中心は

勝専寺にありお寺が中心の村づくりが行われてきたと見るのが妥当ではないかという事です。

 

この時代に千住が次の時代に様変わりする大工事が始まります。

これが熊谷土手の建設ですこれについては安土桃山時代の所で述べます。

 

本稿については以下のホームページ各武将に関する関連事項があります。

家紋については家紋Worldより参照させていただきました。

 

 

安土桃山時代へGO