川越夜船と千住宿

江戸時代千住は荒川水運の中心的湊でした。
この時代武蔵西部の物産はその多くが河川水運によって江戸へ運ばれていました。
その中でもとりわけ著名なのが川越夜船です。
この名前は川越城下を夕方立って一晩中かかってよく早朝に千住へ着いた事によります。
またその船頭小唄が千住花街で広められ有名になった事にもよりました。

新河岸川を中心としたこの水運は他の荒川水運と区別して
川越舟と呼ばれまた新河岸水運として知られました。
知恵伊豆の名で知られた松平伊豆守が川越城主だった頃
川越と江戸を結ぶ水運を考え新河岸川を改修して大型船も通れるようにしたのが始めでした。
傾斜はなるべく緩やかに流れは遅く川幅は広めにと蛇行を多くして
造られた川は九十九曲がり三十里といわれました。
船問屋は主に川越にあり各地に河岸を設け支店を出して
利用者の便宜を図りました。

川越側から河岸を見ながら川を下ってみましょう。
今川越城を廻っている新河岸川は近年の改修によって名前が変ったもので
最も上流の河岸は仙波河岸(川越市富士見町)でした。
次は東武新河岸駅の付近で水源地の伊佐沼から下ってくる本流と
市内から来た不老川の合流点に扇、上新河岸、下新河岸、牛子、寺尾の
五河岸が集中していました。あわせて20軒の船問屋があったそうです。
ここが旅客船の発着所でした。
右の写真は大正時代の荷船です7反帆がいかにも堂々としています。

次に大きな河岸が福岡河岸(ふじみ野市福岡)で
対岸の古市場河岸とともに繁栄しました。
その様子は「市立福岡河岸記念館」として残っている
福田屋の構えを見れば想像できます。
その後百目木(どめき)、勝瀬、蛇木、を経て富士見市に入ります。
この付近は今日蛇行を直線化したため旧水路が三日月湖状態になって残っています。
鶴馬本河岸、鶉、山下、前の4っつの河岸が設定されていました。

右の写真は「ふじみの市立福岡河岸記念館」です。
旧川船問屋福田屋の母屋です。明治初期の建築になり
中には帳場金庫室広い土間などの設備が見られ
また展示室にもなっています。
中央奥は3階建ての離れ(明治33年建築)で当時の木造3階建ての
建物で保存されている貴重な例です。
左側の樹木にさえぎられている部分は文庫蔵(明治30年代建築)です。
土蔵造りの重厚な建築で内部も見学できます。
写真は記念館のパンフレットのものです。

志木市役所の付近が志木河岸と対岸の宗岡河岸でした。
この付近も流れの速かった柳瀬川との合流点で
昔の水路とはかなり違っています。
野火止用水が新河岸川を渡ったところで川の両側に史跡公園があり
それを結ぶ「いろは橋」にはかつての繁栄を描いたレリーフが架けてあります。
先の記念館と並んで訪問してもらいたいところです。

右の写真はそのレリーフの一つです。
河岸に集積された俵物が荷船に積み込まれる様子が描かれています。
俵物の中身は何だったのでしょうか
昔の資料では米、麦、木炭などが考えられます。
入間郡地域多摩郡地域の多くの物産が集積され
山梨県地域の物産も青梅街道経由の分はここに集められたそうです。
その町の中心部に市役所があります。
志木の駅からだいぶ離れているところに市役所があるのは
このような歴史的背景があるからです。

朝霞市に入ると宮戸、浜崎、大(台)、江口、新倉の五河岸と
支流黒目川にあった根岸河岸がありました。
一番下の新倉河岸を遡って来るときは
船に綱をつけ曳き子と呼ばれる人足が頼まれたそうです。

今は荒川の大改修の結果新河岸運河が掘られ
荒川本流から切り離された蛇行部分をつなげて岩淵で隅田川に合流しますが
この時代には今の朝霞水門よりやや下流で荒川の本流に注いでいました。

これより下は荒川の本流に設定された河岸になります。
大野、芝宮、早戸、赤塚、蠣殻、戸田、小豆沢、浮間、赤羽、川口
の10箇所の河岸は今河川敷になっているもの
新河岸運河沿いにあるもの今の地図からは推定困難なものなど
あり荒川の改修が易かに大きな工事だったか知られます。
ここで岩淵に達しこれより下は1か所を除いて隅田川沿いにあります。
野新田は足立区新田です。次の熊の木は唯一現在の荒川の北側になります。
この部分だけ隅田川の北への蛇行部分が切られたからです。
豊島(北区豊島)尾久(荒川区尾久)を経て千住に達しました。
千住は両岸に船着場が設定され同じ名前で通っている唯一の河岸です。
旅客船はここで船客の大部分を下ろし浅草に向かいます。

浅草花川戸がこの航路の終点です。旅客船はここで船を廻らして上り舟になるそうですが
貨物船は更に下って箱崎や鉄砲州付近の河岸まで下ったようです。
中には神田川や日本橋川さらには深川側の運河にまで入って集配した船も多かったといいます。

早船は川越新河岸を午後4時ごろ出て朝9時ごろ千住正午ごろ浅草に着いたといいます。
毎日数隻づつ運行されておりその輸送力はかなりのものだったようです。
帰りは花川戸を午前7時ごろ出発し
翌日の夕方に川越に着いたようです。
川下りに比べて倍の時間がかかっていますが
川越街道を陸路で行くのに比べれば
格段の便益があったと思われます。
荷船は飛切船(今日下って明日戻る:鮮魚用)、
急船(3〜4日で往復する)、
並船(20日程度で往復する:集配している船や肥料船など)の3種類があったそうです。
これらの船は高瀬舟で7〜80石積だったようです。
最盛期には常時100隻程度運行していたといいます。
船の輸送力は馬や荷車の比ではないので多摩地区や入間地区遠く山梨地区の荷物まで志木の河岸に集積され
江戸へ送られたといいます。

写真は当時のパンフレットから取ったもので下記資料所収のものです。
帆に書かれている数字は例えば一六であれば川越発毎月1日6日11日16日21日26日の船であるという意味で5日で
川越に戻り次の下りになるという意味です。

千住では船着場は大橋の両側上流側にありそこで荷揚げし各地に発送したようです。
秩父方面から下ってくる材木なども大きな取扱高を占めていた様で
多くの材木問屋も立地していました。
今回は秩父側からの荒川本流の河岸については触れていません。
また述べる機会もあるかと思います。
青果、川魚、などと並ぶ大きな商品だったようで近年まで千住材木市場がありました。
松尾芭蕉が深川から千住で上陸したり
将軍様は鷹狩に日本橋川を下って隅田川を上り南千住の砂尾にあった専用桟橋から上がった
等のことは千住が水運の一大拠点であった事を除いては説明できない事でしょう。

この繁栄した川越夜船でしたが明治になると水深が浅すぎて蒸気船の導入は出来ず
甲武鉄道、川越鉄道、東上鉄道が開通すると競争力を徐々に失ってゆき
更に明治43年の大洪水で荒川の大改修が決定されると衰退は決定的になりました。
水路は直線化され水深は更に浅く流れは更に急になり船舶の運用に支障をきたすようになってきたとき
関東大震災が起こり東京の川舟の多くが焼失する事態になると
川越の船問屋はこれを奇貨として持ち舟の大部分を東京の船問屋に売却してしまいました。
そしてその年荒川放水路が通水し大正14年には早船が廃止になり昭和6年に通船が禁止となりました。

本稿は「川越 城と町の歴史」「新河岸川舟運の川舟とその周辺」「新河岸川舟運の生活と文化」「新河岸川の歴史」によりました。