千住を通った鎌倉街道について

 

千住は鎌倉時代の初め関屋の地に関所が設けられてから長く発展から取り残された地であった

というのがこの地域に関する私の印象でした。

ではこの関所はどこからどこへ行く道にかかった関所だったのでしょうか?

これも私の知りたいと思った事のひとつでした。

そしてそれについて調べていくと今日の説自体あやふやでいまだ検討対象の域を出ないという事がわかりました。

やってみる人が少ないだけで古代史における邪馬台国問題と一向に変わらないという印象です。

そこで公式見解を無視してこの際私見を述べたいと思います。

 

最初に触れた説は

「旧鎌倉街道探索の旅下道編」(さきたま出版会)でした。

この本は鎌倉を出る3ルートについて

実際そこを歩いてみて古道の跡を探索しており特に郊外の地域については信憑性が高いと評価しています

こと当地については調べてもいないのではないかと思われる状態です。左図参照(黒の太線が古道、点線が同喪失部分)

江戸時代に作られた今日の墨堤通を古道としたりしております。

経路の詳細はともかくその方向性を

知る事が出来た点で大いに参考になりました。

それによれば浅草から北上した下道は橋場(A地点)で隅田川を渡り向島へ出て松戸へ向かいます

千住を通る道はその手前で分岐し今日の多聞寺付近(B地点からE地点へ)に達し北西へ向かい

綾瀬川(当時は利根川だったはず)を渡り千住を通過して

北上し梅田掘りから島根小学校前へ出て炎天寺の北で

赤山街道に従って川口市の安行にいたりその先岩槻街道の石上交差点で板橋から北上してきた

中道と合わさるというもので中道はその後幸手に出て後の日光街道の経路になっていくというものでした。

したがって千住を通った鎌倉街道は下道と中道を結ぶ連絡路だという事でした。

 

次に郷土博物館で行われた江戸四宿展の参考資料に使われた高尾家の地図でした。

古地図は、当然ですが南が上です。

青い線は右から荒川(当時は入間川のはず)が来ています。

左下からくるのが利根川で今の綾瀬川の合流部分です。

そして左上隅田川となって海へ向かいます。

街道は右下から来る茶色の線ですが右下から

ずっと左へ向かい川を渡り上に向かってまた川を渡り

今度はずっと右上へ向かっています。

これは中世の地図を江戸時代後期に書き直したので、

史料価値はそう高くないと思われます。

それは原図がかかれた時代には無かった墨堤通

(図の街道より上に書かれた鼠色の線、太い方が

熊谷土手、細い方が掃部提)が描かれているのでもわかります。

また武蔵風土記に牛田の地にあったとされる和田野宿が

今日の梅田か梅島の辺にかかれています。(右下部分)

これらの事を考慮しても、またわかりにくい表現の部分を差し引いても「これは」という部分がありました。

中央街道の上にかかれている赤い部分が観音とあります

これは勝専寺です。

また道が左で川にかかる前の上側にかかれている赤い部分は薬師とあります。これは西光院です。

つまり街道は勝専寺や西光院の北側を通っていたということです。

そして川を二回渡ることは千住大橋の方を渡る経路は当時使われていなかった事をあらわしています。

街道は熊谷土手よりずっと内側を通っていて熊谷土手の上を通っていないという事もわかります。

後世複写され複写時の思想や現状が反映していてもこれらの事はその時分でも正しいと思われていた事でしょう。

 

最後にこれは最近出た「足立風土記@千住地区」巻末の「足立区の交通誌マップ」の部分です。

左上に推定鎌倉街道支線とあります。

この図の編集者の考えでは武蔵風土記にある和田野宿は

隅田宿の混同であろうという事。

必ずや千葉氏の根拠地淵江城の付近を通ったであろう

と言う二点にあったと思います。

この図について賛成できない点は千住の中で街道が

旧熊谷土手(今の東町商店街通から旧区役所前通をへて

千住神社前を通り桜木町の交差点に至る道)

の上に乗っているという点です。

先般、別の項目でこの堤防が天正時代に築かれたと書いておきましたが戦国時代に完成した堤防の上を鎌倉街道が通っているわけがありません。

第二に上の古図にあるような認識が無く今日古道とされるものをつないだだけという印象を免れない点です。

最初に紹介した本に書かれている原則によっても市街地に遺存している部分は少なく、比較的直線性を重視し、村ごとの境界にこの道が使われている

ことが多い。などということは考慮されているように思われません。

 

では以下に私見を述べます。千住区域に限った事なので足立区北部は議論しません。梅田掘りが好いか本木新道が好いかはなんともいえません。

左の図は足立区の編集になる「足立区旧町村古道図」

の千住の部分を拡大したものです。

茶色の線が古道とされているものです。

細い青線は水路です。

右側で大きく蛇行しているのは古隅田川ですこの川は

江戸時代以前の利根川を干あげたものでその利根川の

中央水路がこの川になったものです。

従って鎌倉時代の自然堤防はこの川の凸の部分のいくらか外側にあったはずです。

次に東武牛田駅付近に隅田川から入り込んでいる「いり」があります。そのすぐ左に伝関屋天神社とあります。

旭町と日の出町の境界に現在5差路がありますこの点を通って古道が左側へ伸びていますが千住宿の東裏通り今の再開発道路に当たったところで切れています。

他の項目でも詳しく述べているように千住宿の建設に際しては大掛かりな土木工事が推定されておりここから西側は街道のほかここで見るだけでも4本の幹線水路が通っています

従って千住龍田町の通称龍田道(龍田町の中央を通り北側は元町の東の境界になっています。当然古道だと思いますがこの地図では古道とされていません。)までの間は古道をたどれるはずが無いと考えます。

そこで私見ですが茶色の線が綾瀬川を越えたところから始めます。地図では線は南に下がっていますが、(これは旧熊谷土手の線です。)私の推定線はそのまま直進し西光院の北を抜け古隅田川のやや南を進み牛田駅付近に至りますここで

南から入る「いり」と北から迫る自然堤防の間に関所があったのでしょう。

その関所の西側に和田野宿があったと考えます。川には必ず両岸に宿が設定されるもので利根川くらいの川になれば当然です。隅田宿はその南側の宿で和田野宿はその北側の宿と考えられます。二つが同一の宿だとするのは隅田宿の規模に目を奪われているだけだと思われます。

続いて利根川の自然堤防に沿って北上し先の5差路にいたります。現在の旭町の商店街通がそれに当たるかもしれません。5差路から古道の線に沿って西に向かいます日の出町は綾瀬村で旭町は千住なのでその境界に付くというのは旧街道の原則にも合います。今の16中と足立学園の間の道を通りぬけます。

ここで鉄道に当たりますが古道図は三丁目に達しているようになっています。ここから龍田道までの間は何もありませんが直線で抜けていたと思います。

その先は千住元町の字の下に三角形がかかれていますがこれは千住保育園です。この保育園の南側を回り込む道がこの続きと思われます。

この部分で北へ向きを変えたこの道は古道のひとつ川田道に直角に当たります。古道間の交差は直角が原則という法則にも合います。この先はたどれませんが元町の中心部は西新井橋の下になっている付近と思われるのでその延長はそこに充分達します。そこから東北へ行けば梅田掘りに出て最初の本の経路に達します。西北に出れば淵江城の周りを囲む本木新道のルートに乗れます。どちらがいいかはその地方の研究者に任せたいと思います。

この考えのポイントは先の古図の考えと同じである事、つまり勝専寺や西光院より北を通る事、熊谷土手に乗らない事、がまず第一に挙げられます。

第二に関屋の伝承と宿の存在(数軒程度の小規模なものだと思っています)を旧説どおり説明できる事。

第三に三丁目と曙町の関係を伝説どおりに説明できる事。この街道が南を通っていたとするとなぜ和田野宿が廃止になって三丁目を開発する事になったかがわからなくなります。同様に元宿が廃止されて4丁目になるのも幹線道路が一本だったから移住に抵抗が少なかったと思います。

千住三丁目内の推定通過地点は現在の千代の湯と本町小学校を結ぶ線のやや北かと思われます。

 

ついでですが千葉氏のもうひとつの根拠地三俣城は地図上で千住が南に伸びて墨田区に食い込んでいる地点、今の鐘ヶ淵中学の付近と想定しています。

そしてここから関所までがいわゆる三俣領とされた独立地域だったと考えています。

 

以上が千住における鎌倉街道のルートの復元試案です。異説があればぜひメールを下さい。

以下に上記の地図に私案を赤線で入れたものを載せておきます。ご検討ください。

淵江城は西新井橋を渡ったすぐ北西側に推定されます。

隅田宿はこの図より南白髭橋の東詰より鐘ヶ淵に向かっていたろうと思われます。

南側で白髭橋付近から多聞寺付近まで来る線は利根川の南側の自然堤防上と思えますので推定関所から五差路まで北側の自然堤防上を通っても対照的になるので良いかと思います。また河原の中は直線で越えるのが原則ですからそこに川が無かったような後世の堤防線の屈曲を描く事は難しいと思います。

三俣城は中州の城と考えられます既にここは河川敷の中になっていると思われます。

当時の利根川は関所を北限として白髭橋を南限とするくらいの川幅があったと考えてよいと思います。

但し渇水期には本流はずっと小さくなっていたでしょうからその巾で流れていることは無かったでしょう。

今でも大きな川の河川敷に民家があるように当時は

もっと民家や城塞が河川敷の中にあったと考えていいと思います。

徳川幕府の街道政策と治水政策で古地形の推測が困難になっているのでこれ以上はなんともいえません。

これで私案を終わります。

長いことお付き合いいただいて有難う御座います。