稲荷神社(橋戸町)

 

この神社は千住が始めて開拓されてすぐ祀られた千崎稲荷の地に当たります。

時に延長4年(926)のことでした。

千住神社の縁起と重ねて考察すると

その数十年後には現在の千住神社の地に移転したと考えられます。

しかしこの地にも稲荷の祠堂は残ったようで

延徳2年(1490)改めて本殿を造営したようです。

やがて千住大橋が掛けられるとこの付近は舟運の中心地となり

文久3年(1863)当時の名工伊豆の長八によって鏝絵の装飾が拝殿の前扉に施されました。

今日その複製品がその位置に展示されています。

下の写真はその絵の下半分で上には稲荷神社の稲穂の丸が描かれています。

本殿は鬱蒼とした樹木に覆われさながら森の中にあるようです。

本殿の前には左右の岩に狐の像があります。

境内には橋戸町会事務所があります。