荒川放水路の建設ー建設まで

明治〜大正期の最大の事件はなんと言っても荒川放水路の建設でした。
江戸時代の治水事業はまず利根川を太平洋に流し荒川を入間川に流しこの二つの川の
水量を合流させない。このことによって江戸の防水を考えようというものでした。
その結果まず現在の隅田川と千住で合流していた利根川はひとつ東の渡良瀬川に
埼玉県の栗橋で曲げられ合流させられました。そしてかつての利根川本流は
足立葛飾境では古隅田川・中川となり埼玉部分では古利根川となりました。
さらに次には渡良瀬川の東を流れて銚子から海に注いでいた鬼怒川に利根川本流を移しました。
こうしてかつての渡良瀬川の下流部分は江戸川となりました。
一方秩父の水を集めて越谷から利根川に注いでいた荒川は入間川の水系に落としこまれました。
これによって廃された荒川は元荒川となりました。
こうして江戸周辺の治水工事は一応の完成を見ました。
荒川の北岸には南から隅田堤・熊谷堤があり戦国時代に完成したといわれます。
単に自然堤防をつなげて整備しなおしただけだとの意見もあるようですがどんなものでしょうか?
そこで江戸の方面にはちいさな堤防しかなかったのを上野浅草の線で守るという見地の下に
作られたのが日本堤です。
この体系で江戸時代は過ぎてゆきました。


明治に入ると明治40年と43年の続いた荒川の氾濫は東京の水防政策の貧困を絵に書いたような結果になりました。
明治40年8月末の洪水は荒川の決壊によって
板橋区の浮間から下流はみな浸水したところへ
さらに綾瀬川が葛飾の小谷野で切れ隅田から中川に至る一帯が浸水しました。
これに加えて43年の洪水では荒川の堤防は埼玉県下で13箇所も決壊し
北区、荒川区、足立区の大部分、川口市の中心部
台東区、江東区、墨田区、中央区に至るまでの全域が水没することになってしまった。
この時の洪水は関東全域に及び利根川はもちろん
多摩川も決壊しさらに都心を通る中小河川も次々と決壊して行ったそうです。
上の写真は43年の洪水のときの千住地区の写真です。
軒下まで浸水し屋根を破って脱出を図っている人が写っています。
下の写真はこの大洪水に際して明治天皇は深く憂慮され
勅使による慰問をなされました。千住地区を慰問される
日野侍従です。
今日のように陛下ご自身がすぐに被災地へ慰問に行かれる
ことのなかった時代にこの洪水がどれほど重要視されたかが
わかります。
写真は新版荒川放水路物語所収のものです。

その結果明治44年4月から荒川の前面改修工事が決定されその下流部分には放水路を建設する事が決定されました。

経路の決定

内務省はその経路を各種検討の結果明治44年に公表しましたが
没になった諸案については公表されていないようです。
そのためいろいろなうわさが流れ各市町村はそれぞれに
自己防衛のための運動を行いました。
これらの運動が国家権力が強く流路の選定という物理的要素の強い事項
に反映されたとは考えられませんが
そのうわさを見てゆきましょう。

足立区に関する部分だけですが北側から。
1.都県境に沿って。この経路だと毛長川があってその経路を使えるという利点はありますがどこから分水するのでしょう川口市の南を通る余地はないから
浦和付近(秋が瀬付近かな)で分水することになるのでしょうか。
どこへ流すのでしょう、中川を拡張するのは新たに掘るより困難だから
江戸川に近いあたりに掘る事になるのでしょうか。とすれば中川の水をどう処理すればいいのでしょう。
これだけでも流路の掘る部分が大きくなりすぎることは明らかだし足立区を外れた先で大きく南へ曲げなくてはならないので
流路に無理が来そうで、かなり荒唐無稽な経路だと思われます。
もちろん当時の最優先事業だった農業用水路(見沼代用水・葛西用水)が切断されるのがかなり痛いので反対が大きかった。
農業用水を新しい川からとるという発想はないようです。
2.今の環状7号線に沿って。この経路だと分水は戸田付近が想定されており綾瀬付近で南へ曲がり始めるようです。
分水位置が下流過ぎることはあってもかなり有望な案である気がします。ただいくつもの高地を切ることにはなりますが。
もちろん農業用水切断はこれでもかなりの影響を持つようで地元はかなりの反対をしたようです。
3.尾竹橋より下流から分水。この経路だと緑町付近から河川敷となり仲町関屋町付近が水没することになります。
ただこれだと問題の小台の屈曲部を解消できずさらにしばらくの間新しい川と古い川が堤防1本で隔てられる状況がかなり長く続くなど
かなり不合理な状況が考えられます。千住町は町の中心部が失われることになるので必死の反対陳情をしたといいます。
4.綾瀬川合流点から分水。この経路は前の平行水路の不合理は解消できるが
綾瀬川も同時に水量が大きくなることから不合理な点は同じです。
隅田村をはじめとしてこれにもかなりの反対があったようです。
しかしここまで来るともはや分水の意味はなく上流の決壊の可能性はまったく変わっていません。
つまり3.4.は初めから考えられもしないであろう案だったのです。

最後に実際の経路について述べると上流熊谷市より全面改修しながら下流にいたり板橋区の浮間から放水路を掘り始め岩淵に至るまで
放水路の経路を本流とし旧河道は廃止する。(廃止された旧河道が今の浮間公園などです。)岩淵より下流は小台の屈曲部をもっと流れやすくするため
南側に新河道をつくり元の部分は放水路の一部に当てる。(今の北区の境界が足立区に大きく食い込んでいる部分が元の荒川の流れの中心です。)
千住より下流の部分は水路整備のみにして手を加えない。
岩淵で分水した放水路は熊谷堤の南側を通り千住の西のはずれで堤の線を北に越え千住の市街地を迂回し綾瀬川合流点の小谷野遊水地に至る。
ここから新綾瀬川の経路に平行して中川合流点にいたる。ここで綾瀬川の元の流れである鐘淵の流路は水運上の便宜のため残す。
平井の市街を東に迂回して海に至るこれによって切断される中川下流は水運上の便宜のため残す。
中川の排水は合流させて水量の増加を招かないように放水路の東側に平行して中川放水路を作り最下流に至って合流させるというものでした。
なるべく屈曲を減らし広い川幅と在来の流路を調整し高地に当たらないようにしながら且つ市街地をなるべく避けるという複雑な条件を
考えればこの経路は一応合格点を与えていいのではないでしょうか。

次号では堀はじめから工事中の放水路をご紹介します。